知っておきたい、キッチンリフォームの形

キッチンリフォームで人気のアイランドキッチンの魅力

>

オープン?クローズ?

オープンキッチンとセミオープン

オープンキッチンとは、キッチンからリビングを見たときに、遮る壁などが全くない状態のキッチンです。
アイランドキッチンや「半島」という意味を持つペニンシュラキッチンなどが代表的です。
特にアイランドキッチンは、キッチンそのものが空間に独立しているため、オープンな間取りになって人気があります。
ペニンシュラキッチンとは、キッチンのいずれかの部分が壁に接しているキッチン。
コンロ部分は壁側に設置されることが多いです。
一方のセミオープンキッチンとは、キッチンの前方にカウンターや壁といった、キッチン設備以外のものがある場合をいいます。
自由設計できるキッチンの場合、どちらも選択できますので、例えばキッチン横のカウンターで子供に宿題をさせたいとか、軽食を取れるスペースにしたいなど、生活スタイルに合わせた発想で設計が必要です。

オープンキッチンとクローズキッチン

クローズキッチンとは、壁や収納などで別の部屋と区切ったキッチンの事です。
間取り的にはキッチンという部屋なるため、入ってこなければ全体を見渡すことができません。
料理中は一人で集中したい、という人にはお勧めの形です。
生活感が出てしまうキッチンをきれいにキープできない場合でも、ある程度隠せるので便利ですね。
しかし、その壁などの仕切りに圧迫感を感じて、取り払いたいと考える人が多いようです。
仕切られているものを取り払うだけで、部屋は広く感じます。
印象としても、広々と開放的になりますし、またキッチンで料理をしている人が孤独になることもないので、リフォーム時に選択する人が多いのでしょう。
使い勝手だけではなく、家全体の印象を考えて、使用するキッチンのタイプを選ぶのが、今の傾向のようです。


この記事をシェアする