知っておきたい、キッチンリフォームの形

キッチンリフォームで人気のアイランドキッチンの魅力

>

制限がある中でも、思い通りのキッチンにしたい

新築の場合とリフォームの違い

新築と違って、リフォームでキッチンを変える場合、全く自由にできるわけではありません。
今まで使用していたキッチンの形にもよりますし、配管の関係で無理がきかないこともあります。
一番の問題はスペースが取れるかという事です。
壁付きは一番省スペースで設置できる形になります。
そこを対面型にすることで、キッチン部分がリビングを侵食し、おかしな間取りになってしまう場合もあります。
キッチンが主役の間取りにしたとしても、みんながくつろげるリビング部分が極端に狭くなってしまっては本末転倒です。
特にアイランド型は、キッチンの前後にスペースを取らなければいけないため、元のサイズが小さい場合設置をあきらめる必要も。
対策としてはサイズを小さくしたり、必要最低限の設備にするなどして対応することが可能です。

システムキッチンって何?

今主流になっている「システムキッチン」と呼ばれるものですが、これは流し・コンロ・収納が組み込まれているキッチンを言います。
それだけでなく、オーブンや食洗器も備えているものも。
便利におしゃれに使える形に変わってきていますね。
収納一つとっても、単に棚を作りつけたりするだけでなく、高い部分の収納が下りてきたり、足で扉が開閉できたりと、使う人の状況を想定した便利な機能を備えているものが増えてきました。
また、隠す収納に一番頭を悩ませるゴミを置くスペースを、設計時点で確保する形もあり、キッチンを使用していないときにもすっきり見える工夫があります。
システムキッチンは、元々ヨーロッパにあったビルドインキッチンを参考にしているようです。
日本の住居が欧米化したのに合わせて、キッチンのスタイルも変化してきたんですね。


この記事をシェアする